建築雑誌「住宅特集」に掲載 -大黒柱と小さな床の都市型住居-

「大黒柱と小さな床の都市型住居」が建築雑誌「新建築 住宅特集」2017年4月号に掲載されました。特集「進化する木造 – 木をめぐる建築家たちの挑戦」の中で取り上げられました。

本屋さんにお立ち寄りの際は、お手に取って頂けたら嬉しいです。

サンゴデザイン/鈴木竜太・田中匡美

カテゴリー: NEWS, N House | コメントする

地鎮祭 -Ku House-

kuhouse_jichinsai1

タイムラグがかなりあるのですが、現場記録としてブログに書きます。新しいプロジェクトが着工しました。この敷地の南側は道路に接しており、その向こう側は公園になっている日当たりの良い恵まれた敷地です。またその前面道路は交通量も少なく、とても静かな敷地です。

kuhouse_jichinsai2

今日は地鎮祭です。地鎮祭の日はいつも身が引き締まる思いです。施工会社は地域密着型の地元の工務店で、経験豊富なためとても心強いです。雨の場合の準備でテントも用意してもらいましたが、天気に恵まれました。

 

 

 

 

 

 

 

kuhouse_jichinsai3

計画は木造3階建ての住宅です。地鎮祭が終わるとすぐに地盤改良が始まります。

サンゴデザイン/田中匡美
カテゴリー: Ku House | コメントする

「住まいの環境デザイン・アワード2017」で奨励賞を頂きました。

daikoku_01

私たちが設計・監理した「大黒柱と小さな床の都市型住居」が「住まいの環境デザイン・アワード2017」にて奨励賞を受賞致しました。ありがとうございました。

リンク:http://www.gas-efhome2.jp/index.html

(ブログ上の現場記録と時間が逆転してしまいましたが、現場記録の「N House」です。)

サンゴデザイン一同
カテゴリー: NEWS, N House | コメントする

謹賀新年 2017年

nenga2017

新年、明けましておめでとうございます。

私たちサンゴデザインは本年も多くの方との出会いを大切にしながら、素晴らしい建築空間の創造に全力を尽くします。より一層、丁寧にひとつひとつの仕事に取り組ませていただきます。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

年賀状は昨年に引き続き、今年も私たち家族(鈴木・田中・娘2人)の1年間のイラストを送らせて頂きました。娘2人の成長を楽しんで頂けましたら幸いです。

サンゴデザイン一同

カテゴリー: NEWS | コメントする

仕上げ工事、外壁工事 -N House-

nhouse_naisou1

N Houseも引き続き少しずつ現場記録を続けます。現場にはシステムキッチンや棚、家具などが次々と設置されていき、仕上材も貼られていきます。天井は床と同じ樹種の無垢材です。

 

nhouse_naisou2

キッチン正面の壁面はタイル貼りです。

nhouse_naisou3

洗面・脱衣室と浴室の壁面もタイル貼りにしました。いつもは正方形を使うことが多いのですが、ここでは長方形で統一しました。

 

 

 

 

 

 

nhouse_gaiheki1

 

外壁にはモルタルが塗られ始めました。数回重ねた後、あまり塗りつぶさない塗装で仕上げます。

 

 

 

nhouse_okujo1

 

 

 

 

屋上はFRP防水をした上に天然芝が植えられました。薄い土の中には自動で散水するためのパイプが埋込まれています。

 

 

 

 

 

サンゴデザイン/鈴木竜太

 

カテゴリー: N House | コメントする

大工工事 -Y喫茶店-

yui_daiku01

長らく更新の間隔があいてしまいましたが、引き続き現場記録としてレポートを続けます。Y喫茶店の改修工事では、改修範囲の解体がひと段落し大工さんの仕事が進みます。写真は「木殺し」という工程で、木を叩いて圧縮しています。その加減は 強く叩きすぎると木が戻ってこないし、弱すぎるのでもいけないので、加減が難しいとのことでした。

yui_daiku02

改修前の壁も桧の柱に桧の板壁でしたが、改修後の柱も壁も桧です。奥の喫茶スペースが右奥に見えています。

yui_daiku03

新規トイレの部分と物置に新しいサッシが取り付きました。合板を使わないため、外壁の下地に木摺(きずり)が見えています。

 

 

yui_daiku04

 

 

 

 

 

大工さんが喫茶スペースの中で作業をしています。

既存の喫茶スペースは蔵を利用した空間なのでとても雰囲気があります。

サンゴデザイン/田中匡美
カテゴリー: Y 喫茶店 | コメントする

断熱工事、素材検討、現場見学 -N House-

nhouse_kengaku1

断熱工事が始まりました。壁や天井に隙間なく断熱材を入れていきます。この日は、非常勤で行っている専門学校の学生を現場に連れてきました。壁の中がどうなっているか初めて見たとのこと。刺激になってくれたら嬉しい。

 

nhouse_dannetsu01地下室の断熱材は硬質発砲ウレタンを吹き付けています。

nhouse_daiku1 大工の親方は丸太に差し込む枠と格闘していました。丸太に接する部分は現場手作業で加工が必要になります。nhouse_sozai01nhouse_sozai02

 

 

 

 

 

 

 

この住宅では、ほぼ全ての床と天井に無垢フローリングを貼ります。その板材の現物サンプルを現場に持込み、どの板材をどこに使うか施主と共に検討しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンゴデザイン/鈴木竜太

 

カテゴリー: N House | コメントする

電気配線工事 -N House-

nhouse_denki1

この日は電気屋さんによる配線工事が行なわれました。各部屋のそれぞれの位置まで決まった配線を1本1本通して行きます。比較的音の出ない工事ということで、作業は暗くなった後も続きます。事前に打合せを重ねたこともあって特に問題なく進みました。

nhouse_denki2各部屋から通してきた配線関係は、1階玄関の分電盤・弱電盤の位置に集中してきます。

図面上ではただの線としてあまり意識しないですが、現場を見るとこの線がボリュームとして存在することがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

nhouse_denki3

大量の配線になるため、後々間違えないように配線それぞれに何の線かを文字で書き込んでいます。

サンゴデザイン/鈴木竜太
カテゴリー: N House | コメントする

現場養生・解体工事 -Y喫茶店-

yui_kaitai01

設計がまとまり、現場が始まりました。喫茶店の営業は工事中はお休みです。喫茶店のカップやグラスを安全なところに丁寧に移動して養生をしました。

 

yui_kaitai02

新しい厨房スペースも解体工事が始まり、既存の壁が取り除かれました。写真正面が新たに厨房が出来るところで、喫茶スペースとの間の壁を抜いて通路もできました。

 

yui_kaitai03

正面奥が喫茶スペースです。左奥に見える開口が新しい喫茶店と繋がる部分になります。既存壁の材料が全て無垢の木板なので、当たり前ですが解体したものは全て木材です。解体時に出たこれらの木材で大きなものは今後棚板などに再利用する予定です。

 

 

 

 

yui_kaitai04

こちらはご自宅側へのアプローチとテラススペースです。しばらくはここが大工さんの作業スペースとなります。

サンゴデザイン/田中匡美
カテゴリー: Y 喫茶店 | コメントする

上棟式 -N House-

nhouse_jotoshiki1

なかなかブログを更新できず、実際の時期とかなりずれてしまいましたが、引き続き現場記録としてアップしていきたいと思います。

無事に基本的な構造躯体が組み終わったので、この日は上棟式を行いました。施主、設計、施工者が一堂に会してお祝いを行ないました。

nhouse_jotoshiki3

この日の為に頭を丸めた親方(大工さん)が、祝詞(のりと)を立派に読み上げました。まじめな親方の性格が出た、とても引き締まったよい祝詞でした。

 

 

 

 

 

 

 

nhouse_jotoshiki4

式の後は、参加者全員で施主の用意したお弁当を頂きます。食事の前には建主の挨拶や施主家族の紹介があり、施工者社長や僕たち設計者のお祝いの言葉や、この住宅に懸ける意気込みを述べました。

施主・施工者・設計の3者のしっかりとした協力体制で、すばらしい住宅を作ろうという意思を共有しました。

サンゴデザイン/鈴木竜太

 

カテゴリー: N House | コメントする